トーセンビクトリーで秋華賞の武豊騎乗結果(12日)と来週の騎乗馬-菊花賞の騎乗馬はレントラーか

芝のレースに見出走のカジノドライブなら菊花賞を勝っていたと言っていた武豊。昨日の毎日王冠をエイシンヒカリで逃げ切り、天皇賞秋の優先出走権を獲得。エイシンヒカリは重賞勝ちはエプソムCだけだったが、一躍天皇賞秋の主役候補に躍り出たと思う。

そうなると今日は京都大賞典のラキシスでエリザベス女王杯に向けいいレースを期待したいところ、今日の武豊は、

武豊騎乗結果(12日)

      10月12日(月)京都
 2R▲フライングレディ(2歳未勝利【牝】 芝1600)   1人7着
 8R○ネオヴァシュラン(3歳上500万下 ダ1800)    1人7着
 9R◎スーサンジョイ(円山特別 ダ1400)岩元(栗)    1人1着
11R△ラキシス(京都大賞典 芝2400)角居(栗)      3人4着
12R▲ゴーントレット(3歳上500万下 ダ1400)     3人10着

今日は人気になっている騎乗馬が多いが、スーサンジョイ以外はそこまで期待はできないと思っていたが、予想通りフライングレディもネオヴァシュランも案外だった。

ラキシスもキズナを突き放した大阪杯以降過剰人気しているが、やはり牡馬の一線級相手には少し足りないと思っていたので、一番期待できそうな円山特別のスーサンジョイで、何とかいいレースをして欲しいと思っていた。

スーサンジョイはスタートはそれ程良くなかったが、押してハナに立つ展開に。好位で競馬するとは思っていたが、まさか逃げるとは思っていなかったのでどうなるかと思っていたが、最終コーナーで加速し、直線向いた時にはもはやセーフティーリードで勝利を確信。レース後武豊は、

「安全策でハナへ行きました。直線で少し内にササるところはありましたが、余力はありましたし、力はあります」(競馬実況web)

と言っているようにかなり余力があったように思える。南部杯のワンダーアキュートに騎乗した和田騎手の代打騎乗とはいえ、いい時に騎乗できたと思う。

スーサンジョイで勝つことができたので、京都大賞典のラキシスは気楽に見ることができたが、ラキシスは外を回すかと思っていたところ、ロスなくインを付き、

「力んで走ったことにより、少しずつ消耗している感じでした。それでもラストはしっかり伸びています。本当にいい馬ですね」(競馬実況web

と言っているように、良く伸びたとは思うが4着まで。勝ち馬のラブリーデイの上りが32.3、ラキシスが32.5と物凄い馬場だと驚くほかないが、エリザベス女王杯に向けまあまあのレースが出来たと思う。

それにしてもわからないのがラブリーデイ。京都大賞典の勝利により今年重賞5勝目。これで天皇賞秋の主役になり、エイシンヒカリへのマークが少し和らぐかもしれないと思う反面、「本当に強いのか?」と未だに疑ってしまう(笑)。

確かに今年重賞5勝しているが、宝塚記念以外相手が微妙。けれど相当な力がないと重賞5勝はできないし、宝塚記念も参考外と勝手に決めつけていたが3着だったショウナンパンドラがオールカマーを制したことにより見方を変えざるを得ないと思う。とはいえ、府中ではこのような走りはできないだろうと思ってしまう(笑)。ただレース後、池江泰寿調教師が、

「どんな競馬をしてくれるかな、と思いましたが、折り合って上がりの速い決着にも対応しましたし、馬が進化していますね。距離もこなしてくれましたから、今後への見通しも明るくなりました。2000mは得意ですし、強い先行馬がいた方がかえって競馬もしやすいと思います」(競馬実況web

強い先行馬がいた方がかえって競馬もしやすい」の「強い先行馬」とはエイシンヒカリのことではないか(笑)。今日の京都大賞典を見てエイシンヒカリの天皇賞秋はやはり楽観できないと恐怖を覚えた半面、春のグランプリ馬が強い競馬をしたことにより天皇賞秋が盛り上がりそうで、より楽しみになったと思う。

スポンサーリンク

今週の武豊騎乗結果

      10月10日(土)京都
 2Rゼンノタヂカラオ(2歳未勝利 芝1800)      2人2着
 3Rエイシンミント(2歳未勝利 芝1200)       3人6着
 4Rピエナダンディー(2歳新馬 ダ1400)      10人16着
 5Rアリアカンタービレ(2歳新馬【牝】 芝1600)   5人4着
 6Rスマートガイア(3歳上500万下 ダ1800)     2人9着
 7Rサンマルアリュール(3歳上500万下【牝】 ダ1400)7人4着
 9Rヒデノインペリアル(愛宕特別 ダ1800)      6人2着
10Rエイシンペペラッツ(久多特別 芝1400)      1人10着
11Rマノワール(平城京S ダ1800)          3人10着
12Rハニードント(3歳上500万下 ダ1200)       2人1着

       10月11日(日)東京
 3R△アポロノホウリン(2歳未勝利 芝1400)  4人11着
 5R△フサリア(2歳新馬 芝2000)       4人11着
 9R▲サウンドバーニング(六社特別 芝1600)  7人13着
11R△エイシンヒカリ(毎日王冠 芝1800)    1人1着

          10月12日(月)京都
 2R▲フライングレディ(2歳未勝利【牝】 芝1600)   1人7着
 8R○ネオヴァシュラン(3歳上500万下 ダ1800)    1人7着
 9R◎スーサンジョイ(円山特別 ダ1400)岩元(栗)    1人1着
11R△ラキシス(京都大賞典 芝2400)角居(栗)      3人4着
12R▲ゴーントレット(3歳上500万下 ダ1400)    3人10着

最近1番人気の大敗が多いような気がするが、3日間開催で18鞍騎乗し3勝。エイシンヒカリの香港遠征の可能性もあるので、年間100勝を考えるともう少し欲しかったけど、18鞍しか騎乗できなかったのでまずまずかもしれない。

そして何よりエイシンヒカリで毎日王冠を勝ったのは大きいと思う。この調子で来週も期待したいが、来週というより今週の武豊は、

今週の武豊騎乗予定馬

     10月17日(土)京都
10Rマキシマムドパリ(堀川特別 芝1800)松元 茂樹(栗東)
11Rトーセンソレイユ(清水S 芝1600)池江 泰寿(栗東)

     10月18日(日)京都
 5Rピッツバーグ(2歳新馬 芝1800)矢作芳人 (栗東)
 9Rアンシエルワープ(もみじS 芝1400)小崎 憲(栗東)
10Rレントラー(鳴滝特別 芝2200)松永 昌博(栗東)
11Rトーセンビクトリー(秋華賞 芝2200)角居 勝彦(栗東)
12Rコリンブレッセ(藤森S ダ1200)吉村 圭司(栗東)

一見特別レースの騎乗馬がまずまず揃ったように思えるが、トーセンソレイユは府中牝馬Sの可能性があるし、マキシマムドパリは秋華賞の抽選次第。そしてレントラーは菊花賞に抽選なしで出走できるので、菊花賞出走なら鳴滝特別も騎乗馬なしになる。

けれどレントラーが菊花賞に出走できるなら武豊がレントラーで菊花賞に参加できそうなのでそれはそれでいいかもしれない。

そして何より楽しみなのはトーセンビクトリーの秋華賞。タッチングスピーチ、ミッキークイーンと強い相手がいるが、京都内回りに代わるのはプラスだと思うし、内枠を引ければ武豊の久しぶりの芝G1制覇が見えるかもしれないので本当に楽しみだと思う。

武豊騎乗予定

武豊騎乗予定
10月 17日(土) 京都 マキシマムドパリ 堀川特別
トーセンソレイユ 清水S
18日(日) 京都 トーセンビクトリー 秋華賞 芝2000
レントラー 鳴海特別
ピッツバーグ 新馬
コリンブレッセ 藤森S
アンシエルワープ もみじS
24日(土) 京都 フェリーチェレガロ 古都S
31日(土) 京都 エスティタート アルテミスS
11月 1日(日) 東京 エイシンヒカリ 天皇賞秋 芝2000
ピオネロ 紅葉S
3日(火) 大井 コパノリッキー JBCクラシック ダ2000
14日(土) 京都 エアスピネル デイリー杯2歳S
21日(土) 京都 スマートシャレード もみじS
22日(日) 京都 ラニ 2歳未勝利
29日(日) 東京 ジャパンカップ 芝2400
12月 6日(日) 中京 コパノリッキー チャンピオンズC ダ1800
27日(日) 中山 有馬記念 芝2500