エアメサイアの命日にエアスピネルでデビュー勝ちの武豊騎乗結果と騎乗馬-ラニ、ピオネロ

ターナー騎手の突然の引退について「鞭を置いて普通の女の子になる」と言っていた武豊。今週から阪神開幕週。阪神開催からワクワクするような騎乗馬が予定されていたため、物凄く楽しみにしていたのだが、昨日の武豊のレース結果は、

武豊騎乗結果9月12日

   9月12日(土)阪神
 2Rゴーフォワード(2歳未勝利 芝1800)    7人4着
 5Rエアスピネル(2歳新馬 芝1600)      1人1着
 6Rスマートシモーヌ(2歳新馬【牝】芝1400)  5人8着
 7Rアンクルダイチ(3歳上500万下 ダ1200)  4人16着
 8Rジャズファンク(3歳上500万下 芝2000)  3人1着
 9Rサンセットスカイ(野分特別 芝1800)    4人5着
10Rメイショウドゥーマ(鳥取特別 ダ2000)   5人12着

今日の武豊のメインレースは福永騎手騎乗のラインクラフトと好勝負を繰りかえし、秋華賞を制したエアメサイアの仔のエアスピネル(牡2 キングハメハメハ×エアメサイア 母父サンデーサイレンス)。エアメサイアと武豊のコンビは好きだっただけに、エアスピネルには期待していたし、笹田和秀調教師は、

「順調に乗り込んできたし、ケイコの動きから能力も感じてるよ。ただ、この血統は集中力を欠く面があるからね。その点がどう出るかだね」(競馬ラボ

と言っているように、調教も動いていたし、デビュー勝ちを期待していたのだが、「この血統は集中力を欠く面があるからね。その点がどう出るかだね」とのコメントから少し心配。

パドックでは笹田調教師のコメント通り、馬っ気を出し、これは危ないかもしれない(笑)と思ったのだが、レースに入ると3コーナーで楽に先頭に並びかけ、M・デムーロ騎手騎乗のハリケーンバローズが外から追い込んでくるのを待ち、満を持して追い出すと楽に突き放し2馬身差の圧勝でエアメサイアの命日にデビュー勝ち。レース後武豊は、

「まだ子どもで、幼い面があります。ただ、レースに行ってセンスがあります。ラストのフォームは素晴らしいです。かなり奥がありそうです」(競馬実況web)

「センスがあり」、「ラストのフォームは素晴らしそう」、「かなり奥がありそう」とのコメント。今日のレースぶりだけでなくエアスピネルは武豊のコメントからも今後が楽しみになってくるが、ポルトフォイユ(牡2 ディープインパクト×ポルトフィーノ 母父クロフネ)との兼ね合いが心配になってくる。けれど武豊の落馬復帰後の数年を考えると嬉しい心配かもしれない(笑)。

今日のメインレースと思っていたエアスピネルがデビュー戦で期待以上の走りをしただけに、もう一つ勝てれば最高だと思っていたところ、8Rのジャズファンク。少し持っていかれそうになっていたが、道中インの好位を進め直線向いて、ここからと思っていたところ、蓋をされ進路がなく詰まりかけたが、追い出しが遅れた分脚が貯まったのか物凄い脚を使いクビ差勝利。

どうしても勝って欲しいエアスピネルと、ジャズファンクで今日は2勝。こうなると日曜も期待したくなるが日曜の武豊は、

スポンサーリンク

武豊騎乗馬9月13日

    9月13日(日)阪神
 1R◎ゼンノサーベイヤー(2歳未勝利 ダ1400)中内田(栗)
 3R◎スマートガイア(3歳未勝利 ダ1800)安田(栗)
 5R▲ラニ(2歳新馬 芝2000)松永幹(栗)
 8R△ブルローネ(3歳上500万下【牝】 芝1800)清水久(栗)
 9R▲カネトシビバーチェ(夙川特別 ダ1200)大橋(栗)
10R◎ピオネロ(西宮S 芝1800)松永幹(栗)
11Rバーバラ(セントウルS 芝1200)小崎(栗)

福永騎手が100勝を挙げただけに、武豊も100勝に向け勝ち鞍を積み重ねてほしいと思ってしまうが、まずはゼンノサーベイヤー。新馬戦3着馬も勝ち上がっているし、相手関係もそれ程なのでここは確勝と思いたい。

続く3レースの、初ダートがどうなのか気になるが人気になっているスマートガイアもメンバーが手薄だし、何とか勝ち上がらせてほしい。

そしてヘヴンリーロマンスの仔のラニ(牡2 Tapit×ヘヴンリーロマンス 母父サンデーサイレンス)。母馬が天皇賞秋を制したヘヴンリーロマンス、ノースヒルズの期待馬だけにデビューを楽しみにしていた人も多いと思うが、追いきりの動きもイマイチで、松永幹夫調教師は、

「重量感のある走り。大きいけどバランスが良くて、見栄えがする。まだ自分からという気にはなっていなけど、いずれは走ってきそうですよ」(極ウマ

「フットワークが大きいからか、自分から動こうとしないけど、いいモノはある」(サンスポ競馬予想王

「いずれは走ってきそう」、「いいものは、ある」とのコメント。武豊のコメントも

「初戦向きではないかもしれないけど、走りに大物感がある」(サンスポ予想競馬王

「初年向きではない」とはいっているし、追いきり、コメントを見ても初戦向きには思えないしダート向きのような気がしてならない(笑)。けれど陣営が芝でおろしたこと、追いきりが全てじゃない、「大物感」を考えると、メイケイレジェンドを抑え、デビュー勝ちをしてもおかしくはないかもしれない。

そして西宮Sのピオネロ。結構骨のあるメンバーで、新聞の印程安心はできないと思うけど、叩き2走目で、得意の阪神1800。ここを狙ってきたローテのような気もするし、キッチリ勝ってOP入りして欲しいと思う。

メインのセントウルSのバーバラは、坂があるコースは難しいような気がするが、

「開幕週の阪神競馬場の芝コースは、まだ見てはいませんが、間違いなく最高のコンディションでしょう。経済コースを通る先行馬が有利というのは見えていますし、混雑するのは承知のうえでバーバラにもそういうレースをさせてみようかと考えています。」(武豊オフィシャルサイト

武豊は前目の位置につけることを示唆。人気のハクサンムーンストレイトガールがいるため前に不利な流れになり、ウリウリ向きのレース展開になりそうな気もするが、

実は、ルメール騎手の奥さんの名前がバーバラさんなので、彼を差し置いて乗っていいの? という気持ちになったりします」(武豊オフィシャルサイト

というような面白いことも言ってることから、武豊本人も相手は揃っているけど手応えを感じていると思うので、重賞300勝をここで達成してほしいと思う。

武豊騎乗予定

武豊騎乗予定
9月 19日(土) 阪神 クレアドール 3歳上500万
20日(日) 阪神 トーセンビクトリー ローズS 芝1800
21日(月) 阪神 フライングレディ 2歳新馬 芝1600
ゼンノタヂカラオ 2歳未勝利
23日(水) 浦和 サウンドガガ オーバルスプリント
26日(土) 阪神 エスティタート ききょうS
阪神 ミスティーフリップ 3歳未勝利 ダ1800
27日(日) 阪神 ティルナノーグ 神戸新聞杯 芝2400
10月 4日(日) 中山 ベルカント スプリンターズS 芝1200
7日(水) 船橋 コパノリッキー 日本テレビ盃 ダ1400
11日(日) 東京 エイシンヒカリ 毎日王冠 芝1800
17日(土) 東京 スマートレイヤー 府中牝馬S 芝1800
18日(日) 京都 トーセンビクトリー 秋華賞 芝2000
31日(日) 京都 ポルトフォイユ 萩S 芝1800
11月 1日(日) 東京 キズナ 天皇賞秋 芝2000
3日(火) 大井 コパノリッキー JBCクラシック ダ2000
14日(土) 東京 ワイドバッハ 武蔵野S ダ1600
29日(日) 東京 キズナ ジャパンカップ 芝2400
12月 27日(日) 中山 キズナ 有馬記念 芝2500

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする