エイシンヒカリで香港カップ制覇の武豊騎乗結果と来週の騎乗馬-エアスピネルと有馬記念の騎乗馬

エイシンヒカリの今後について聞かれ、「日本に帰ると聞いています」と答えていた武豊。今日はエイシンヒカリの香港C

それ程人気はしていないこともあるが、前走の天皇賞で控える競馬で惨敗。そのお蔭というのもおかしいが、香港Cでのエイシンヒカリの人気は低く今回はマークも薄くなる。マイペースで逃げれれば見せ場は十分あると思っていただけに楽しみにしていた。

けれど、香港C直前にサプライズが。。。

エイシンヒカリの香港C直前に起きたサプライズ

サプライズとは有馬記念に騎乗する予定だったラキシスがまさかの有馬記念に登録なし(笑)。

ラキシスは京都大賞典で騎乗が決まった時はエリザベス女王杯にも騎乗できると思っていたが裏切られ(笑)、今回の有馬記念ではそれ以上のサプライズでまさかの登録なし(笑)。

有馬記念の出走予定馬で鞍上が未定な馬はオーシャンブルーとアルバート。ホープルSも騎乗馬がないので有馬記念当日、クロフネフリートのためだけに中山遠征することにはならないだろうか(笑)。

かつてアンカツさんが、ペルーサが有馬記念を回避したためウインバンディエラ1鞍のためだけに中山遠征した時のようにならなければいいが・・・(笑)。

この悲報のため、流れが完全に悪くなりエイシンヒカリも行き脚がつかなくて逃げれない、あるいはコパノリッキーのチャンピョンズCのような展開になるのではないか?と思うようになった。

キングのヨアケは偶然ではなかった(笑)、エイシンヒカリの香港C制覇

このように、当初は期待していたけれど「ラキシスの有馬記念の登録なし」と、自宅の換気扇が落下してきて、「修理代にいくらかかるんだよ(笑)」という悲報

そして、香港マイルではモーリスが驚異の脚で追い込んできて勝ち今年安田記念、マイルCS、そして香港マイルを含む6戦全勝。一気に年度代表馬の主役に躍り出たと思う。

けれど、モーリス以外の日本馬は香港スプリントに出走した馬も含めイマイチな結果。モーリスくらい抜けた能力がないと今年の香港は厳しいかもしれないという事実。

2つの悲報と今年の香港国際競争の厳しさを感じ、エイシンヒカリへの期待は完全に消失していた(笑)。

そんな気持ちでエイシンヒカリの香港Cを見ることになってしまったが、レースが始まるとエイシンヒカリは出負けしたような感じだったが、一気にハナに立ち、楽な手応えで最終コーナーを回ってくる。

直線向いて加速するとラスト200切っても3馬身くらいのリードという予想外の展開(笑)。もはやセーフティリード。ヌーヴォレコルトがいい脚で追い込んできたが、そのまま逃げ切ってレコードというオマケつきで香港C初制覇。

icon.yorokobisyoujyo

今年武豊はキングノヨアケに騎乗して6年ぶりの年間100勝。「キングノヨアケで達成とか馬名を選んだだろ(笑)」と思った人も多いと思うが、エイシンヒカリの香港C制覇は落馬故障以来かつての輝きを失ってしまった競馬界のキングの、夜明けなのかもしれない。


http://zenpeti.net/takeyutaka-season100win/

ということで、ラキシスの有馬記念回避なんかどうでも良くなるような、まさに競馬界のキングのヨアケでエイシンヒカリの逃走劇(換気扇の修理は少し頭が痛い。(笑)。

「楽に先手を取れた。残り100あたりでも脚色が鈍らなかった。何度もトライして今まで勝てなかった。うれしいです」(ニッカンスポーツ極ウマ

「馬のコンディションはすごくよかったので、いいレースができると思っていました。迷いなく逃げたかったのでこれは作戦通りにいけました。道中いきたがっていたところもありますが、ギリギリ我慢できて暴走せず良かったです。直線に入って加速し、残り100mで勝利を確信しました。やっと勝てたレースですし、先代オーナーが香港競馬に情熱を持っていたので勝利できてよかったです。」(JRAHP「ロンジン香港国際競走~結果と映像~」)

レース後武豊はこのようにコメントしているが、サイレンススズカ(5着)、アドマイヤムーン(2着)、トウケイヘイロー(2着)と香港Cで善戦してきたが、エイシンヒカリで初勝利。

サイレンススズカ、アドマイヤムーンでも成し遂げれなかった香港C制覇は武豊の中でも感慨深い出来事だろうと思う。

武豊の海外重賞の勝利はキズナのニエル賞以来(2013年)、海外G1となるとアドマイヤムーンのドバイデューティ―フリー(現ドバイターフ)以来8年ぶり。次はディープインパクト、キズナで果たせなかった凱旋門賞制覇という壮大な夢をディープ(あるいはキズナ)の子供で、

icon.gaisenmonsyou

成し遂げて欲しいと思う。


http://zenpeti.net/takeyutaka-kaigaihistory/

今週の武豊騎乗結果

    12月12日(土)阪神
 4Rセンショウレイナ(2歳未勝利 芝1600)  4人6着
 5Rメイショウユメマル(2歳新馬 芝1800)  9人12着
 7Rヒロノフェロー(2歳500万下 ダ1200)  6人8着
 8Rカレンオプシス(3歳上500万下 芝1800) 7人11着
11Rデウスウルト(チャレンジC 芝1800)    7人7着

    12月13日(日)シャンティン
8Rエイシンヒカリ(香港C 芝2000)    9人1着

土曜日は勝てなかったが、それを吹き飛ばしても有り余るエイシンヒカリの香港C制覇。こうなると来週の朝日杯FSのエアスピネルで中央G1完全制覇に期待が膨らんでくると思う。

スポンサーリンク

来週の武豊騎乗予定

    12月19日(日)阪神
 9Rスマートシャレード(縦の木賞 ダ1800)角居 勝彦(栗東)
10Rセイカフォルテ(麻耶S ダ1800)相沢 郁(美浦)
11Rグァンチャーレ(リゲルS 芝1600)北出 成人(栗東)
     

     
     12月20日(日)阪神
11Rエアスピネル(朝日杯FS 芝1600)笹田和秀 (栗東)
12Rチーフアセスメント(クリスマスキャロル賞 ダ1200)五十嵐 忠男(栗東)

来週は朝日杯FSのエアスピネルは勿論のこと、スマートシャレードの縦の木賞も目が離せないと思う。

エアスピネルは恐らく1番人気になると思うけれど、シーザリオの仔のリオンディーズは怖い存在だし楽観はできないと思う。

けれどエイシンヒカリに続いてエアスピネルでも戴冠を期待したいと思う。

武豊騎乗予定

武豊騎乗予定
12月 16日(水) 川崎 オーマイガイ 全日本2歳優駿
19日(日) 阪神 スマートシャレード 縦の木賞
グアンチャーレ リゲルS
20日(日) 阪神 エアスピネル 朝日杯FS 芝1600
チーフアセスメント クリスマスキャロル賞
26日(土) 阪神 メイケイレジェンド 2歳500万下
アクティブミノル 阪神C
27日(日) 中山 有馬記念
クロフネフリート 3歳500万下
29日(日) 大井 コパノリッキー 東京大賞典 ダ2000
1月 5日(火) 京都 トウシンモンステラ 万葉S
9日(土) 京都 ゼンノサーベイヤー 3歳500万下
11日(月) 京都 ロイカバード 福寿草特別
2月 14日(月) 東京 スマートオーディン 共同通信杯

 

エイシンヒカリの今後はやはりドバイターフになるのだろうか?ドバイターフ出走となればモーリスとぶつかる可能性もあるので、モーリス相手にどのような競馬になるか楽しみだと思う。