6年ぶりの年間100勝で完全復活の武豊の落馬以降の5年間を振り返ってみた

2015年11月29日京都8Rでキングノヨアケに騎乗して勝利した武豊は落馬復帰以降初、2009年以来6年ぶりの年間100勝を達成。武豊は、

「久しぶりなので、よかったです。年間100勝は自分の中で目標のひとつだったので、クリアできたことは嬉しく思います。今年はケガもなく順調にここまで乗れてきていると思いますし、多くの方に応援していただいてよかったです。岩田騎手より早く100勝しようと思っていたので(笑)。100勝を意識するというよりも、実はこの馬の厩務員さんが定年で、これが最後のレースだと聞いていたので、そっちの方がプレッシャーでした。厩務員さんに対しても本当によかったと思います。この数字はもう少し早く達成したかったですが、まだ今年もあと1ヶ月残っていますし、もっともっといいレースをして、もっと勝ちたいと思っていますので、応援してください。ありがとうございました」(競馬実況web)

というように、「岩田騎手より早く100勝しようと思っていた」ということは置いといて(笑)、年間100勝することは武豊の目標だったようだ。ということで、ザタイキの毎日杯で落馬負傷した武豊の、落馬以降の成績を主観を交えながら振り返ってみることにした。


icon.ideal

武豊過去6年間の騎乗成績

武豊落馬前後の勝利数※11月29日現在
2009年 140勝(2位)
2010年 69勝(14位)
2011年 64勝(16位)
2012年 56勝(19位)
2013年 97勝(8位)
2014年 86勝(8位)
2015年 100勝(5位)

こうやって振り返ってみると、2013年を境に一気に武豊の成績が上向いてきていることがわかる。そこで、2010年から武豊の成績やお手馬を見ながら振り返りたいと思う。

2010年の武豊

2010年の武豊騎乗成績
69勝(14位) 重賞6勝(G11勝)
2010年の武豊の主なお手馬
2歳馬 ダノンバラード、リフトザウイングス、トーセンラー、コティリオン
牡馬クラシック ヴィクトワールピサ、ローズキングダム
牝馬クラシック アプリコットフィズ
古馬王道 ローズキングダム
マイル なし
スプリント なし
ダート ヴァ―ミリアン、スマートファルコン
2010年の武豊重賞勝利
ダイヤモンドS フォゲッタブル
弥生賞 ヴィクトワールピサ
クイーンS アプリコットフィズ
神戸新聞杯 ローズキングダム
ジャパンC ローズキングダム
ラジオNIKKEI杯 ダノンバラード

騎乗数が少ないので69勝と勝ち鞍は少ないが、勝率もそこそこで、アプリコットフィズで復帰後初の重賞勝利。そしてリフトザウイングストーセンラーコティリオンの2歳馬の騎乗で狂喜していたこと、ローズキングダムの神戸新聞杯でのエイシンフラッシュとの一騎打ちが印象深かった。

このように復帰以後もローズキングダムに騎乗したり、ヴィクトワールピサの凱旋門賞に騎乗したりと、この年以降まさかとんでもないことになるとは予想していなかった。

2011年の武豊

2011年の武豊騎乗成績
64勝(16位) 重賞6勝(G10勝)
2011年の武豊主なお手馬
2歳馬 サウンドオブハート
牡馬クラシック ダノンバラード
牝馬クラシック なし
古馬王道 ナリタクリスタル、トレイルブレイザー
マイル クレバートウショウ
スプリント なし
ダート スマートファルコン、ラヴェリータ
2011年の武豊重賞勝利
アーリントンC ノーザンリバー
中京記念 ナリタクリスタル
京都新聞杯 クレスコグランド
レパードS ボレアス
新潟記念 ナリタクリスタル
シリウスS ヤマニンキングリ―

前年は落馬で騎乗数が少なかったため69勝は仕方ないと思っていたが、2011年はまさかの前年を下回る64勝。

ナリタクリスタルが頑張ってくれたが、G1では少し足りずG1連続勝利年数が途切れることになった。けれど地方交流重賞でスマートファルコンの大活躍のお蔭で、武豊の存在感は成績以上にあったと思う。

2012年の武豊

2012年の武豊騎乗成績
56勝(19位) 重賞3勝(G11勝)
2012年の武豊主なお手馬
2歳馬 ティーハーフ
牡馬クラシック なし
牝馬クラシック メイショウスザンナ
古馬王道 ローズキングダム、トレイルブレイザー
マイル サダムパテック
スプリント エピセアローム
ダート スマートファルコン、エスポワールシチー
2012年の武豊重賞勝利
京都記念 トレイルブレイザー
セントウルS エピセアローム
マイルCS サダムパテック

2012年は56勝とさらに前年を下回る勝ち鞍。それだけでなく重賞も3勝ともはや武豊とも思えないような成績に。

それでも、トレイルブレイザーに騎乗して京都記念でダークシャドウ、ヒルノダムール、ウインバリアシオンを完封し、「豊マジック」と見出しに書かれ、BCターフも好走、サダムパテックで復活のマイルCS勝利という見所はあった。

この2年2歳新馬の騎乗数が極端に減少。新馬に騎乗できるだけで喜んでいた2年だった記憶がある。

2013年の武豊

2013年の武豊騎乗成績
97勝(8位) 重賞11勝(G12勝)※海外1勝
2013年の武豊主なお手馬
2歳馬 ベルカント、トーセンスターダム
牡馬クラシック キズナ
牝馬クラシック クロフネサプライズ、スマートレイヤー
古馬王道 トーセンラー、トウケイヘイロー
マイル トーセンラー
スプリント エピセアローム
ダート ワンダーアキュート
2013年の武豊重賞勝利
京都記念 トーセンラー
チューリップ賞 クロフネサプライズ
毎日杯 キズナ
京都新聞杯 キズナ
ダービー キズナ
鳴尾記念 トウケイヘイロー
函館記念 トウケイヘイロー
小倉記念 メイショウナルト
札幌記念 トウケイヘイロー
ニエル賞 キズナ
ファンタジーS ベルカント
マイルCS トーセンラー

前年56勝、重賞3勝とおよそ武豊とは思えない成績に終わってしまったが、2013年は上半期はトーセンラーが京都記念を勝ち、天皇賞春2着、そしてキズナのダービー制覇で武豊復活を印象付けたと思う。

そして下半期は国内ではイマイチで終わってしまったが、ニエル賞では英ダービー馬ルーラーオブザワールドを退け、キズナを世界一のダービー馬に導き、凱旋門賞も4着と好走。香港Cに出走したトウケイヘイローも2着と海外では好レースが続いたと思う。

クラシックではイマイチに終わってしまったが、2歳馬もベルカントトーセンスターダムと期待の馬が揃い、97勝、重賞11勝と武豊完全復活へ一気にのろしを上げたと思う。

2014年の武豊

2014年の武豊騎乗成績
86勝(8位) 重賞7勝(G10勝)
2014年の武豊主なお手馬
2歳馬 トーセンビクトリー、ティルナノーグ
牡馬クラシック トーセンスターダム
牝馬クラシック ベルカント
古馬王道 キズナ、ヒットザターゲット
マイル トーセンラー
スプリント なし
ダート ワンダーアキュート
2014年の武豊重賞勝利
きさらぎ賞 トーセンスターダム
Fレビュー ベルカント
大阪杯 キズナ
阪神牝馬S スマートレイヤー
毎日王冠 エアソミュール
武蔵野S ワイドバッハ
チャレンジC トーセンスターダム

2013年の活躍から、2014年に年間100勝を達成できると思っていたし、キズナで王道路線も席巻するかと思っていたが、キズナは戦前離脱、ベルカントトーセンスターダムもクラシックでは活躍することが出来ず、G1は未勝利に終わる。

良い馬に巡り合えなかったかもしれないが、この数年では信じられないような数の新馬の騎乗依頼があり、年末にはコパノリッキーコパノリチャードと立て続けに騎乗依頼があり、2015年に向け楽しみが広がっていった。

2015年の武豊

2015年の武豊騎乗成績(※11月29日現在)
100勝(5位) 重賞10勝(G11勝)※海外1勝
2015年の武豊主なお手馬
2歳馬 エアスピネル、ラルク、スマートオーディン、ドレッドノータス、スマートシャレード、ラニ、ロイカバード、ポルトフォイユ
牡馬クラシック ポルトドートウィユ
牝馬クラシック トーセンビクトリー
古馬王道 キズナ、エイシンヒカリ
マイル なし
スプリント コパノリチャード、ベルカント
ダート コパノリッキー、アウォーディー
2015年の武豊重賞勝利
シンザン記念 グアンチャーレ
東海S ベルカント
フェブラリーS コパノリッキー
エプソムC エイシンヒカリ
北九州記念 ベルカント
シリウスS アウォーディー
毎日王冠 エイシンヒカリ
デイリー杯2歳S エアスピネル
東スポ杯 スマートオーディン
京都2歳S ドレッドノータス
香港C エイシンヒカリ

2015年はコパノリッキーでフェブラリーS制覇と幸先の良いスタートだったが、復活を期したキズナが大阪杯で苦杯をなめ、天皇賞春でまたもや戦前離脱。

けれど、秋競馬は王道路線でキズナ、2歳馬にはポルトフォイユ、スプリント路線にはベルカント、ダート路線ではコパノリリッキーと、秋競馬を席巻するようなお手馬のラインナップ。

そんなわけで秋競馬の武豊を非常に楽しみにしていたところ、キズナとポルトフォイユの横綱2頭が屈腱炎、秋競馬の楽しみが一気になくなったかと思いもした。

エアスピネル、スマートオーディン、ドレッドノータスで3週連続2歳重賞制覇。この3頭以外にもラルクにスマートシャレード、ラニ、ロイカバードと武豊の全盛期を彷彿とさせるような2歳馬のラインナップ。

icon.yorokobisyoujyo

秋競馬は2歳馬の活躍もあり、11月29日キングノヨアケで落馬復帰以後初の年間100勝を達成。そしてエイシンヒカリで8年ぶりの海外G1制覇。武豊の完全復活というにはまだ早い気がするが、今年の2歳馬のラインナップを考えると、来年は本当に「キングの夜明け」になり、クラシックを席巻し、リーディング争いに加わってくるかもしれない。

武豊の落馬復帰以後を振り返るとやはり

このように振り返ると、怪我がやっと感知してきたこともあると思うが、どん底の2012年から、重賞11勝&ダービー制覇の2013年への飛躍はノースヒルズにスマートの大川オーナー、メイショウの松本オーナーなどの個人馬主や、小島太厩舎等懇意の厩舎の支援が非常に大きかったと思う。

特に武豊に騎乗馬が集まらない時期は騎乗馬が小島太厩舎の馬ばかりだった時期もある。そして、スマートファルン(大川オーナー)で成績以上に存在感があり、どん底ながらもトレイルブレイザー(ノースヒルズ)での頑張りが飛躍へつながったのではないだろうかというきがする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする